HOME機器構成操作方法取り付け方法質問会社案内


自動電話通報器
自動電話通報器
自動電話通報器
警報を電話で受けることができます。
自動電話通報機EMC-1(生産終了品)

-BBee本体の警報信号を受けて固定電話回線を使って外部通報します。-
通報先電話番号は最大2箇所まで登録できます。
電話を取ると『緊急警報、至急確認してください。』というアナウンスが流れます。


ご家庭の固定電話回線に接続して、 警戒モード中に防犯センサー、火災センサーなどが感知した際、
予め登録された携帯電話などの電話番号へ異常事態を報せるアナウンスを流すオプション機器です。
機械が登録された電話番号へ自動的に電話をかけます。

BBee本体と、ご自宅の電話回線の接続口の間に設置するイメージとなります。
既にお持ちのご家庭の電話を一次的に使って通報する仕組みです。

専用の電話回線は必要ありません。
※1先に報せる度に10円程度(固定電話へ通報する場合)の電話料がかかる運用イメージとなります。

自動電話通報器
ご注意: 自動電話通報機EMC-1は、パソコンを使って通報先の登録設定を行います。
設定にはRS−232Cポートのあるパソコンが必要です。
RS−232Cケーブル(ストレートケーブル)も必要です。
※RS-232Cクロスケーブルは使用できません。


通報先電話番号を弊社で登録してからEMC-1をお届けするサービスも無料で行わせていただいております。
電話通報機EMC-1を新規に御注文の際に、
1.通報先のお電話番号
2.電話通報機EMC-1を接続する電話回線のプッシュ回線、ダイヤル回線の種別
上の点を御注文の際にご連絡ください。


通報先電話番号は最大2箇所まで。
電話を取ると『緊急警報、至急確認してください。』というアナウンスが流れます。


BBee-Aタイプ、Cタイプ+電話通報機+アナログ回線の接続イメージ図
接続は簡単です。短時間ですぐに接続出来ます。
自動電話通報器


BBee-Dタイプ+電話通報機+アナログ回線の接続イメージ図
自動電話通報器



仕 様:
一般加入電話回線のプッシュ回線、ダイヤル回線。
発報と同時に2箇所まで順番に通報します。携帯電話への通報も可能です。

アナログ回線、ISDN回線、ADSL1回線に接続して使用できます。
ISDNはターミナルアダプター、ADSLはスプリッターに接続します。

ダイヤル電話、 ビジネスフォン、内線電話、PBX交換機、ホームテレフォン、ゼロ発信電話には接続して使用出来ません。
IP電話、ADSL2等の特殊電話機、特殊回線は接続してご利用頂けません。
(もしお手元の回線の種類が判らない場合は、NTTの116番にお問い合わせ下さい。)


1.通報先件数:最大2件
固定電話や携帯電話の電話番号を2箇所まで登録して、外で通報を受けることができます。
電話を取ると『緊急警報、至急確認してください。』というアナウンスが流れます。

※ご注意 au携帯電話機の一部は、通報を正常に受信できない場合があります。
※ご注意 softbank携帯電話機で通報を受けた場合、アナウンスが流れない事がございます。
 (ワンギリの状態。着信は入ります。)


2.通報回数:
全ての通報先に通報できたら終了。
もしくは、
通報先のどれか1箇所に通報ができたら終了。
のいずれかを選択できます。
携帯電話などの留守番電話にアナウンスが流れると、通報が終了したと判断する場合があります。


3.呼出時間:約30秒


4.手動操作:
手動で通報させたい場合は、本製品に電話番号を登録し電話回線に接続してから、 各種設備装置に接続するケーブルをショート(接触)させてください。
電話通報機単体で通報を開始します。


5.電源 :AC100V(家庭用電源)





モジュラーケーブル(電話線)の接続部分

付属二又モジュラーケーブルジャック


-アナログ回線への接続方法-


もしくは




-ISDN回線への接続方法-





-ADSL回線への接続方法-







【通報先電話番号の設定方法-付属の専用パソコンソフトを使って設定します。】

※ご注意:設定にはRS−232Cポートのあるパソコンが必要です。
RS−232Cケーブル(ストレートケーブル)も必要です。
※RS-232Cクロスケーブルは使用できません。


本機の表蓋を開けて、緑色の電子基板を押さえているネジを外します。

緑色の電子基板を少し浮き上がらせて、 パソコンと接続する232Cケーブルを接続します。

※ 設定するためには、RS−232Cポートのあるパソコンが必要です。
USB→RS232Cへの変換アダプタは使用できません。



※本製品に232Cケーブルは付属しておりません。





【パソコンソフトを使って通報先電話番号を電話通報機のメモリに転送します。】


※ご注意 Windows Vista、Windows7はサポートの対象外となっております。
Windows Xp以前のOSでのご利用をおすすめいたします。


設定ソフトを立ち上げます。

アナログ電話回線に接続して通報するタイプです、を選んでください。



通報先1と通報先2の電話番号を登録してください。
上の例は、通報先のどこか1箇所にアナウンスが流せたら通報を停止する設定です。(通報を終了する条件)

通報先のいずれかが受話器を取るまで通報を繰り返します。
※留守番電話にアナウンスが入ると通報が終了する場合があります。

全ての通報先に通報出来たら終了、は登録された通報先全てにアナウンスを流せたら終了します。



通信ポートの設定、通常はCOM1になっています。



一番上のメニュー画面から、設定データ転送、を選んでください。
以下、ソフトに表示されるとおりの手順で作業を進めると、通報先の設定が行われます。
















電話通報機の内部







ご質問、機器の運用方法のご相談、詳しい資料のご請求はこちらからどうぞ。
お待ちしております。資料請求は無料です。お気軽にご請求ください。
お見積もりのご依頼も無料で承ります。 メールで見積書を送信させていただきます。(PDF形式ファイル)


販売者

株式会社 LIBERO(リベロ)
〒937-0811
富山県魚津市三田3507-2
TEL(0765)24-2816
FAX(0765)24-2793
セキュリティ担当責任者 中田康志

特定商取引法に基づく表記

あなたのお名前をどうぞ:
あなたのメールアドレスをどうぞ:
ご意見、ご注文:

お問い合わせ、ご注文の方はご住所をお願いいたします。
郵便番号:
都道府県:
ご住所(市町村以下):

お電話番号:

ご意見欄:メッセージをどうぞ。

メールアドレスを再度ご確認願います。


内容の無断転載とリンクを禁じます
.